• 痛みの少ない治療・丁寧な説明にこだわり「ヨークベニマル上山」近くの歯科医院

    院長が直接返信!無料メール相談はこちら!
  • 電話番号 023-695-6480
Pocket

①むし歯になっているとき

小児歯科

むし歯になっている場合には、治療を行っても再度むし歯になる場合がほとんどです。他の歯に悪影響を及ぼすことも多いので、早めに抜歯をお勧めすることが多くなります。

②歯周病が進行してしまっているとき

小児歯科歯周病が進行してしまっている場合には、抜歯をお勧めする場合が多くなります。放置していると、あごの骨が薄くなってしまったり、ほかの歯の部分まで歯周病が進行してしまうことがあるためです。

③歯磨きが難しい場所に生えているとき

小児歯科むし歯や歯周病はさほどでもないが、あまりにもお口の奥の方に親知らずが生えていて、歯みがきが不可能なとき(むし歯を治しても、ほぼ必ずもう一度むし歯になってしまいます)。

④半分歯茎に埋まっていて、痛みがある時

ちゃんと生えきらずに、半分歯ぐきの中に埋まっていて、しばしばその周囲に痛みが出る様なとき(急に痛くなったり、腫れたりする恐れがあります)。

できるだけ早く抜いた方がいい場合

悪影響を及ぼしている場合、及ぼす可能性の高い親知らずは「できるだけ早く抜いた方がいい」と言われますが、それには理由があります。

早く抜いた方がいい理由とは?

・虫歯や歯周病が悪化してしまう前に対処した方がいい
(※虫歯や歯周病が悪化すると、修復はできても完全に元には戻りません。)
・虫歯や歯周病が悪化すると、他の歯まで失う可能性が高まる
・年齢が若い頃の方が、抜歯後の回復が良い
・虫歯や歯周病が悪化すると、麻酔が効きにくい場合がある
・抜く時期が遅いと、抜くのが大変(長時間の処置が必要になる)な場合がある

しかし、そもそも抜いた方がいいのか、抜かなくても良いのかの診断は、歯科医院でレントゲン撮影をして、歯科医師の診断を受けなくては分かりません。気になるようであれば、お早めにご相談されることをおすすめします。

親知らずが気になったとき

そもそも親知らずとは?
親知らずが気になったときの「上手な歯医者の選び方」
抜歯をおすすめする場合が多いケース
抜いた方がいい場合、抜かなくていい場合
吉田ひろゆき歯科の親知らずの治療の特徴
吉田ひろゆき歯科の親知らずの治療の流れ
抜歯後の注意点は?

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ! 無料メール相談 ネット予約

吉田ひろゆき歯科医院では、随時メールでのご相談を承っております。
口の中のお悩みなら、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。匿名でも結構です。

※3日以内に返信がない場合には、システムエラーの可能性があります。お手数ですが、今一度送信いただければ幸いです。
※は入力必須項目です。

内容 無料メール相談お問い合わせその他
お名前
性別 男性女性
年齢
メール

※確認用
ご住所  
電話番号  
メッセージ  
HP公開 OKNG
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。